読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大生が挑戦してみるブログ

女子大生【咲く】が気になっているあんなことやこんなことに挑戦します。sakublogger@gmail.com

クラブ【渋谷WOMB】に挑戦 続

出会い

クラブに初挑戦してきました。

まずはこちらをどうぞ↓ 

  

 

ペアルックのムキムキくん

 

退屈そうにお酒を飲んでいた私たちのもとに、

ペアルックくんがやってきました。

 

2人とも白Tにジーンズ、白スニーカーで、

f:id:sakuchallenge:20161217002350j:plain

 

1人はなかやまきんに君風。

f:id:sakuchallenge:20161217000237p:plain

 

 

もう1人は幼いなかやまきんに君風

f:id:sakuchallenge:20161217000255j:plain

 

 

彼らは

出会いの場で女子が迷惑と思っている

質問ランキング(咲く調べ)

第1位、2位、3位すべて押さえていました。

 

 

第1位

「俺ら何歳に見える?」

考えるの面倒。

興味無い。

 

実年齢より高く答えると

「まじかー老けて見えるんだ…」

って萎えるし

 

実年齢より低く答えると

「社会人として若く見られるのってあまり嬉しくないよね(笑)」

と自虐するし、

 

どんぴしゃに当てても

「おー正解…」

と何故だかつまらなそうな反応をされることもある。

 

これ、

お互いメリットないので

今すぐ止めましょう。

ちなみに、彼らは20歳と24歳でした。

 

 

第2位

「俺らなんの仕事してると思う?」

これも考えるの面倒。

さっさと教えてくれ。

 

「え~分かんないなぁ」

「何か言ってみて!」

「う~ん、ヒントは??」

「そうだな…これ言ったら答えになっちゃうしなぁ」

みたいな会話をしている時間で、

会社と役職と給与言ってください。

 

ちなみに彼らはムキムキな見た目通り

消防士でした。

 

 

第3位

「大学どこ?」

会ったばかりの女子に

いきなり個人情報聞くのやめてくださいほんと。

青山学院とか言っとけばいいの?

どの大学が好感度高いのか教えてください、男子諸君。

 

 

 

胸騒ぎの腰つき

 

最初は15人ほどだったフロアも、

深夜0時~1時になると

40人くらいになっていました。

DJプレイも盛り上がり、

ダンスフロアで踊る踊る。

 

私はクラブの踊りが全くわかりませんでしたが、

とりあえず腰を振ってみました。

 

 

するとなぜか、

男が寄ってきました。

しかも外国人。

どうやら私には国際対応の(?)

腰振りセンスがあるようです。

 

 

5人組の欧米系男子

一人一人交代しながら軽快にダンシング。

私を、わたくしめを5人の外国人男性が奪い合うだなんて

乙ゲーのヒロインになったみたい♡

はぁぁ気持ちいい。

 

 

アメリカ出身23歳優男

笑顔が素敵でイケメンな彼は、

良く言うと優男

悪く言うと童貞という感じ。

 

私が踊り疲れてフロアの隅に移動すると

着いてきて、

話し相手をしてくれました。

 

しかしフロアの爆音により

ただでさえ聞き取れない英語が

さらに聞こえない。

 

適当にYes! Yeah! Yup!の三本柱で返事をしていたら、

Really!?…Wow…

と返されました。

とんでもないことを言ってしまったのでしょうか私は。

それを聞いてくるイケメン童貞もいかがなものか。

 

 

アジア系おひとりさま紳士

決してイケメンとはいえない風貌なのですが

クラブの照明効果は絶大なもので、

危うく惚れるところでした。

 

彼は10分くらい一緒に体を揺らすと、

一緒に来ていた綺麗な先輩も一緒に

お酒をご馳走してくれました。

 

 

なんか嫌な予感がする・・・

 

後ろを振り向くと

f:id:sakuchallenge:20161217000255j:plain

 

そこには

幼いなかやまきんにくん風が。

しれっとついてきたらしいです。

 

いやいや、君、

お呼びじゃないし!!!!

 

と心の中で盛大に突っ込みを入れていると、

紳士は「君も?いいよ~」と快く受け入れて

何故かハグまでしていました。

なんだこれ。

 

 

可愛く奢ってもらう術

 

f:id:sakuchallenge:20160801153406p:plain

綺麗な先輩は奢らせるのが得意で、

「喉乾きませんか?」

「酔い、足りてます?」と

可愛くアピールして

カウンターに連れていってもらっています。

いつも勉強になるんだよなぁ。。

 

先輩の奢らせ方に嫌味がない理由の一つは、

お酒を相手に選ばせる

ことにあると思います。

 

選ばされるというと逆に面倒なイメージがありますが、

先輩はいつも

「同じのください♡」

と言います。

親近感湧くし欲張ってない感じが最強に可愛い。

(単に先輩が可愛いからなのかもだけど)

 

 

選択肢はレッドブルかショット

 

カウンターで

「同じのください♡」

と言うと

レッドブル割り

f:id:sakuchallenge:20161217001759j:plain

 

テキーラのショット

f:id:sakuchallenge:20161217001939p:plain

が出てくる現象は

なんなのでしょうか。

たまたまかな?

 

私は眠くてしょうがない時にしかレッドブルを飲まないので

あまり嬉しくありません。

 

レッドブルと言えば・・・

居酒屋で酔わせた後にカラオケボックスに連れ込み、

超絶テクのあんなことやこんなことを経たのちに

ホテルに誘ってきたイケメンを思い出します。

彼がカラオケのワンドリンクで頼んでいたのがレッドブル割り。

この後の展開を想像させたかったのか、

単に彼がレッドブル好きだったのか分かりませんが

萎えました。

他は完ぺきだったのに。

 

 

 

で、テキーラのショットを頼むのは

やはり酔わしたいのでしょうか?

礼儀的な?

自分が酔いたいだけ?

 

カクテルだとあまり酔えないので

個人的には嬉しいです。

 

ちなみに幼いなかやまきんに君風は

隣に添えてあったライムを

ショットに絞り入れていました。

 

 

 

f:id:sakuchallenge:20161217000255j:plain

 

 

 

初めて見る光景に、

私と綺麗な先輩は

思わず顔を見合わせ微笑しました。

 

 

 

あれ・・・記憶が・・・

その後のことはあまり覚えていません。

不思議だなぁ。

 

 

今度はナンパ箱と呼ばれるクラブに

行ってみたいと思います!

 

 

 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

引き続き募集中です。

クリスマスプレゼントを渡す相手がいなくて困っている方、

特におすすめします♡

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

↓ランキングに参加しています。

応援(クリック)お願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村